ミレニアル世代は、2000年以降に成人・社会人になった人びと。
Y世代とかデジタルネイティブとか言われるらしいです。

(よく間違われるミレニアムは1000年ごとに区切った単位のことで、〜世紀のセンチュリーとかあの辺と一緒なので、お間違えなきよう。)

コトバンクの定義ですが、
「インターネットが普及した環境で育った最初の世代で、情報リテラシーに優れ、自己中心的であるが、他者の多様な価値観を受け入れ、仲間とのつながりを大切にする傾向があるとされる。」
参考: コトバンク:ミレニアル世代




インスタとか、自撮りとか、シェアリングエコノミーとか、中国系やらのインバウンドでの体験ビジネス関連とか、まぁ色々関わりがあるわけです。
それ系やってる方はぜひお話しさせてくださいね。

モノより経験世代ってことなんですが、

その辺りが言葉遣いにまで表れている様で、JC/JKの流行ランキング的なのが面白いですね。

参考: MarkeZine: JCJK調査隊調査

ストーリーってる
うれしみ・かなしみ・つらみ・やばみ となんでも「み」をつける
彼女感


日本語の構成がおかしいですが、
どこからこういう言い回しが生まれるのかは興味深い。

「み」「感」が象徴的ですが、
体験での満足度的なものと言いますか、目には見えづらい尺度
感じ方を共感したいというところは見えてきますよね。


2018年はこれやります。
この記事はその第一弾。

ミレニアル世代、インスタ、
デジタルツールの見直し、アクションリーディング
即断即決の頭脳を作る
マーケティング、KPI、データ体感
コードより文章を書く&コンテンツを作る
チームビルディング、ワークショップトレーニング